江北ジャンクション[再]

DSC_0055

江北ジャンクションの写真は前回、7月にUPしたばかりなのですが、どうしても納得いかず再戦となりました。

前回はマイクロフォーサーズオリンパスE-PL5パナソニックLUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0の組み合わせで撮ったのですが、いくら絞っても光芒がきれいに出ないのです。

光芒(光条)というのは、強い光源の周りにできる光の筋のこと。レンズによって光芒の本数や伸び方が違います。自分が使ってきたうえでの感想として、マイクロフォーサーズのレンズは光芒が綺麗に出にくい印象があります。

あくまで自分の印象ですし、綺麗に出るレンズもあるのですが、自分の常用する超広角レンズだといまいちだったのでした。最新のPROレンズとかだとまた違うのかも知れないけど、そこまでの予算は無し・・・

というわけで中古購入したNikonAPS-Cカメラと広角レンズを持って試写してきたのが今回の写真です。

 

f:id:sink2009:20180810212519j:plain

ちなみに光芒の部分を比較したのが上の画像です。上が今回の写真、下が前回の写真になります。光の表現がだいぶ違うのがお分かりになると思います。

以下はわざわざ前回と同じ場所で同じ構図を選んで撮ってきた写真になります。すぐ下に前回の記事があるので、よかったら比較してみてください。

 

DSC_0058

 

DSC_0065

 

DSC_0063

 

DSC_0060

今回使ったカメラとレンズは以下のものです。

  

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5100 ボディ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5100 ボディ

 
SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

 

いずれも中古で、ボディは7年前、レンズは9年前に発売されたものですが、自分の用途には使えそうと判断したものです。

以前にも書きましたがメイン機材だったSonyCANONのカメラシステムを処分後、マイクロフォーサーズのミラーレスカメラのみで撮影していました。不満な部分はあれども運用でカバーするつもりでいたのですが、やはりいかんともし難い部分も有り、なるべくお金をかけずに一眼レフも購入することにしました。

今回、中古のボディとレンズ合わせて5万円強。これも安くはない金額ですが、フルサイズの機材を揃えたときと比べれば・・・と思い夏の賞与から出すことにしました。

前はCANONを使っていたので、次はNikonにするべかなと、軽い気持ちでNikonマウントを選択。

とりあえず光芒の出かたには満足したものの、暗所でのAFがなかなか合わずにマニュアルフォーカスで撮影したものも何枚かありました。

やはり安価で完璧な機材というものはなく、どこかを我慢する必要があるようです。

なんにせよ、またしばらくは節約の日々です。

 

 

 

 

気がつくと

P7050001

前回の更新から一ヶ月ほど経ってしまっていたようだ。

 

ブログを更新しない理由は特になくて、強いて言えば、ブログを更新する理由が特になかったというだけである。

 

メイン機材を手放してしまったことが意外と大きかったのか、写真を撮る頻度は大幅に下がっている。自分がいかに機材に頼って写真を撮っていたのか、思い知らされている。今の機材でこの撮影環境だとこのくらいの写真、というのが見えてしまい、気力が萎えてしまうことが多い。これについては、iPhoneのカメラだろうが、写るんですだろうが、すばらしい写真を撮る人はたくさんいるので、やはり自分の能力不足という他は無い。

  

へっぽこブログではありますが読者登録してくださっている方もいらっしゃるので、とりあえず生きています、ひどいことにはなっていません、という現状報告だけでもさせていただく。

 

写真は上野、アメ横の路地裏。