読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛍

普段はブログタイトルに「東京」とか入れたり、六本木だの新宿だのの写真を載せて都会人ぶってはいるが、それは単なる見栄である。わが町横須賀のある、神奈川県三浦半島ははっきりいってド田舎だ。

タヌキもリスもいるし、雨の降った翌日など、家の前でサワガニを見かけたりする。

 

そんな田舎である三浦半島には、ホタルの生息する場所が複数ある。

にもかかわらず、趣味で写真を始めてから、今までホタルを撮影することはできなかった。ホタルがもっとも飛ぶ時間は夕方の19時半ごろと言われていて、平日はもちろん、休日出勤も多かったここ数年はとても撮影などできなかったのだ。

 

転職してワークライフバランスを意識できるようになった今年、悲願を達成するべく毎週末あちこちに出かけ、ホタル撮影にチャレンジした。ほとんどは撮影できるほどのホタルがおらず、空振りに終わったが、ようやく撮影できたのが冒頭の写真である。

ちなみに一時間ほどかけて撮影した20枚のjpgをフリーソフトで比較明合成し、Lightroomでレタッチしている。

 

一つの被写体にこんなに時間と手間をかけたのは初めてかもしれない。

写真というのは、どんなに高価な機材や撮影技術があったとしても、「その瞬間、その場所」にいないと絶対に撮ることができない。それを痛感させられたホタル撮影だった。