読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城ヶ島 猫と夕景

城ヶ島 Jyogashima

三浦半島の最南端、城ヶ島へ行ってきた。

目的は夕日と猫の撮影。

自分の場合、夕日を撮影できる機会は滅多にない。平日は仕事だし、休日は家事をしたり子供の面倒をみたりしているので、自分だけ出かけるとかは中々できない。出かける場合は家族で、となるので写真撮影に専念することも難しい。

この日は息子を祖父が預かってくれたので、撮影に出ることができた。

 

城ヶ島 Jyogashima

城ヶ島に着いたのは午後も遅い時間。

平日だったので人影もまばらだ。

とりあえずの目的地、城ヶ島公園へ向かう。小さなトンネルをくぐり、坂道をのぼっていく。

 

P8073389

城ヶ島は「猫島」と呼ばれる場所のひとつだ。

公園内にはそこかしこに野良猫の姿がある。

 

P8073334

P8073455

P8073704

P8073363

P8073639

彼らの人間との距離感はさまざま。

積極的にすりよってくる猫。自分からは近寄って来ないが、人間が近づいても逃げずに触らせてくれる猫。当然、近づいたら逃げるのもいる。

ただ全体的には人馴れしている猫が多い印象だった。

とりあえず、触らせてくれる猫については一通りモフりたおす。

 

城ヶ島 Jyogashima

城ヶ島 Jyogashima

風が強い。

ウミウ展望台に行きたかったが、日没が近づいていたので諦め、階段を下って東側の海岸に出る。

 

安房崎灯台 Awasaki Lighthouse

阿波崎灯台。

近づきすぎて、波を少しかぶった。防滴でないE-PL5も少し濡れたが、とりあえず今のところは無事動いている。

城ヶ島といえば城ヶ島灯台が有名だけど、そちらも時間がなく行けなかった。猫をモフりすぎたようだ。

 

城ヶ島 Jyogashima

展望台から写真を撮っていると、近くにいた若者のグループから声をかけられた。

大学生くらいのウェーイ系のグループだった。

親父狩りか。狩られちゃうのか。

そう思ったが、若者は普通に「写真を撮ってもらえますか」と言ってきた。

スマホを受け取り、シャッターを切る。

「ありがとうございました」

若者は頭を下げた。

礼儀正しい、いい子たちだった。よかった。狩られなくてよかった。

 

本格的に日が傾いてきた。

来た道を戻り、島の西側を目指す。

 

バス通りをひたすら歩き、城ヶ島バス停あたりで海につき当たった。

 

Mt.Fuji from Jyogashima

相模湾の向こうに富士山。ちょうど、そこに日が沈むところだった。

黄金色の空。夢中でシャッターを切る。

雲は多いが、なんとか隙間から夕陽を撮ることができた。

 

Mt.Fuji from Jyogashima

Mt.Fuji from Jyogashima

城ヶ島 Jyogashima

日が落ちる。

街灯に灯りがともる。

 

城ヶ島 Jyogashima

今回のカメラとレンズは、

OLYMPUS OM-D E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

OLYMPUS E-PL5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

でした。

見ていただき有難うございました。

 

 
参加しています