読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜桜 - 千鳥ケ淵 -

P4035158

どうしてもここの桜が撮りたく。

週末は雨の予報で、これがラストチャンスかなと思い、金曜の夜、仕事終わりに行ってきました。

 

P4035155

到着は21時過ぎ、ライトアップは22時までなのでかなりギリギリです。

それでもたくさんの人。自分と同じく会社帰りの人が多いようでした。

風が強く、桜を写し止めるのは困難。冒頭の写真でも風でボートが揺れているのが分かると思います。

夜桜をきれいに撮るには、無風も条件の一つですね。難しいです。

 

P4030009

P4030031

P4035120

P4030039

写真はLightroomでかなりピンク寄りに調整してます。

実際のライトアップはもっとナチュラルな色です。

 

P4030037

P4030026

P4035118

お堀の端っこの方には、散った花びらが溜まっていました。

昼間に来れば、花筏が見られたことでしょう。

P4035119

P4035131

22時ちょうどにライトアップは終了。

周囲からは「ああ~」という声が。

 

 

※撮影メモ

人大杉のため、基本三脚は立てれない。途中は手持ちしかない。

レンズ交換も難しいだろう。自分はボディ二台に望遠ズームと広角レンズをつけて行った。

トイレ裏が撮影の穴場という記事を見たが、今回は封鎖されていて警備員がいた。

堀には柵があるけど、丸い形の柵のためカメラは置けない。ゴリラポッドならいけるか?

ボート乗り場上の展望台のみ、手すりが平らでカメラを乗せられる。

(冒頭のアングルはここから撮れる)

下のようなミニ三脚が有効。今回は忘れたのでハンカチをカメラの下に引いて角度を調節した。

Manfrotto 卓上三脚 POCKET三脚Lグレー MP3-D02

Manfrotto 卓上三脚 POCKET三脚Lグレー MP3-D02

 
【MP1-C02】Manfrotto POCKET三脚Sグレー

【MP1-C02】Manfrotto POCKET三脚Sグレー

 

展望台の下に降りれるようなことを書いているブログもあったが、どこから降りるのか見つけられなかった。

現場では細かくWB調整している余裕はないので、RAW撮りを推奨。

 

以上、見ていただいてありがとうございました。